日本の陽気なNブログ

楽しい日本をさわやかに
 

2017年08月15日

【高校野球】甲子園でホームラン数が多くなったわけとは?

甲子園で熱戦が続いている高校野球。2017年はホームラン数が増えているそうです。1試合に1本以上は飛び出している状況で、大会記録の60本塁打を上回る可能性が出てきました。なぜホームランが多くなっているのか気になります。金属バットを使うのが基本なので、芯に当たらなくても長打になります。投手にとっては不利ですけど、高校野球の醍醐味ではあります。

ホームランが多いのは、フルスイングをする打者が増えたから。プロ野球でもソフトバンクや広島でフルスイングをしている選手が多くいますが、高校野球でも全力スイングが増えてきています。特に下位打線でも、バットを振っています。これまでの常識だと3〜5番ぐらいまでが得点源であり、クリーンアップがフルスイングをしてきました。今年は少し異質であり、高校野球が変わってきている印象があります。

私としては、フルスイングをするのには賛成ですが、勝利至上主義の高校だと実践は少し難しいと思います。
元々打撃のあるバッターを並べることができればいいですが、全員打力があるチームというのは少ないわけなんで。一回勝負なので、バントなどの小技を絡めた戦術が基本です。勝ち残るのを抜きにしたら、フルスイングは見栄えが良く、長打で得点しやすいので賛成ですが、優勝を狙っているチームだと確実性に欠けるので、せめて下位打線はチームバッティングをしてほしい。

長打は確かに魅力ですけど、優勝を狙っているチームだと全員がすると勝てる可能性が小さくなってしまう。1回戦や2回戦を勝ち抜く戦術としてはありだとは思います。フルスイングは観客したらカッコ良くて、長打も見栄えもあって嬉しいですが、戦うチームとしてはリスクがあります。全員が全員フルスイングを心がけて、野球をするのはいいですけど、『勝つこと』・『勝利』を目指すなら、チームバッティングも入れて戦った方がいいと思います。単純にボールやバットの質が変わっているという可能性もありますけどね。


posted by infosan5 at 23:10| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

世界陸上のサニブラウンー10代の決勝進出だけど、メダルにはほど遠い

世界陸上の200mでサニブラウンが決勝に残りました。史上最年少の18歳と157日での進出で世界のボルトの記録を更新しました。7着と残念な結果でしたが、久しぶりの日本代表選手の決勝進出に私もマスコミも盛り上がりました。

ボルトが出場していないので、次世代の200mランナーを決める大会でもありますけど、サニブラウンはよく頑張ったと思います。今月から、フロリダ大学での生活を始まりますが、他の代表選手とは違った練習ができるので、東京五輪が非常に楽しみ。

ただ、現状としてはメダルにはほど遠い。サニブラウンは運が良くて、タイム的には決勝に残るのは難しかった。1組で走っていたら準決勝で敗退していましたから。メダルを取るには20秒を切るぐらいでないと勝負になりません。

10代の決勝は素晴らしい。日本代表選手では久しぶりの快挙。しかし。メダルを取るには、まだまだ練習と経験が必要だと思います。最低でも3位争いができる実力をつけないと。いつ第二のボルトが出てきてもおかしくない。サニブラウンがそうなれば最高なんですが。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

陸上競技 2017年 09月号 [雑誌]
価格:1049円(税込、送料無料) (2017/8/12時点)



posted by infosan5 at 00:00| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月12日

叶姉妹のコミケでの神対応ー小林幸子も同じだけど、コミケは自分の『売り』を持っている人は強い

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

叶 恭子幸せの日めくり 31のフィロソフィ / 叶姉妹 【ムック】
価格:1296円(税込、送料別) (2017/8/12時点)




8月11日から開催されているコミックマーケット。全国からアニメファンやコスプレイヤーが集まる夏の大イベント。最近では、芸能人も参戦していて、小林幸子さんが代表例です。叶姉妹も最近コミケに傘下して、大人気だとか。

他の一般のサークルと違って、芸能人のサークルは人が行列を作りやすい。だから、対応が難しくて、少し間違うとイメージダウンにつながってしまいます。前回でのコミケでの対応を見る限りさすがです。一人一人名刺を手渡しをして、非常に高いサービス性があります。

それにしても、難しいと思うのは、やっぱり警備のこと。叶姉妹は有名なので、たくさんのお客さんに直に会うということは、それだけ危険度が高い。叶姉妹も分かってはいたんでしょうけど、この辺は百戦錬磨の芸能人。警備も見えないだけですごく厳しかったんだと思います。

小林幸子さんの時も思いましたけど、コミケは自分の『売り』を持っている人は強いですね。私としては、直に会えるのは嬉しいですし、芸能人の魅力を最大限に引き出しているなと。コミケでの出来事はツイッターなどで広く拡散されるので、勝手に自分達のイメージが広がっていく。テレビである程度有名になった芸能人が次々とコミケに参戦するかもしれませんね。

posted by infosan5 at 13:53| Comment(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

清宮が大学進学?ー最後の夏が終わった清宮幸太郎に名スカウトは大学を薦めると話す






清宮幸太郎選手の夏が終わりました。高校3年の夏は甲子園で活躍することはなかったです。マスコミは落胆していると思いますけど、高校野球は実力勝負。負けても勝っても恨みっこなし。ただ、高野連としては興行として甲子園の大会があるので、気分は複雑でしょう。

高野連としては、清宮選手が甲子園で活躍することによって、観客が増加する旨みがありましたけど、まさかの敗退。マスコミが連日注目していましたけど、今年の夏に甲子園で見ることはありません。

マスコミからしたら、視聴率が取れなくなるのでガッカリしたでしょうね。父親が有名人であり、野球の実力も申し分ないですから、『甲子園の怪物』として祭り上げたい!という想いがあったんでしょう。ネットではマスコミざまーみろみたいな意見もあって、過剰な清宮報道に辟易していた反動が出てきたみたいです。

その清宮選手について、ヤクルトのスカウトして古田敦也さんなどを獲得した片岡さんがコメントしています。野手としては、評価が高く、松井さん・清原さんクラスに負けないパワーを持っているとのこと。ただ、金属バットなんで、プロに入って苦しむ可能性はあります。

片岡さんが一番懸念しているのが、『守備』。エラーがあり、それが敗戦につながりました。プロに入る選手は、基本的に守備が上手い。バッティングも大事ですけど、今のプロ野球は守備も上手くないとレギュラーになれません。バッティング重視の球団もありますけど、最低限の守備力は必要。

私は清宮選手には将来性はあると思いますけど、マスコミが騒ぎすぎで清宮選手が可哀想。もっと冷静になって評価してほしい。視聴率優先な世の中なので仕方ないとはいえ、野球の実力をきちんと報道してもらいたい。
posted by infosan5 at 23:44| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

阪神の糸井 同僚に挨拶もどうなるか今年の阪神

今年の阪神はどうなるんだろう。知り合いの阪神ファンが疑問を投げかけてきた。金本監督就任以来、まともに強くなった実感がないのが事実。高山ぐらいしかポジティブな話題がなく、どうしたものかとこまっていた。阪神ファンはどことなく怒っているようではあるんだけど、その発散の方法が分からなくて困っている感じではある。しかし、セ・リーグは去年の広島の優勝もあるが、ライバルである巨人が情けないのが一因ではあるのではないか。両方とも強い時代があり、阪神としては金本監督が現役時代の星野監督時代が一番面白かったと思う。現に現役の解説者で阪神特集で登場するのは当時の主力選手のことが多かった。赤星さんや下柳さんが代表例であろう。

糸井が加入したのはプラスではあるが、疑問はどうしても残ってしまう。手当たり次第に補強した巨人に比べて補強したのは糸井一人であるのはどうしたものか。巨人以上に危機的状況であるのは確実であり、藤浪も不調でエースクラスの活躍ができるのか怪しい。打線も活気がなく、だからこそ糸井を獲得したわけであるが、首脳陣は何を考えているのかどうしても疑問に感じてしまう。一体首脳陣の目指す阪神タイガースとはなんであるのか?糸井の獲得で変わってくるのか?選手、ファンよりもビジネス優先の感じがして何か変な感じを受けてしまう。ファンよりもお金が大事なのはわかるが、多少ファンを喜ばせることをしてもいいのではないのであろうか。

糸井は日ハムをトレードで放出され、オリックスである程度の実績を残した。ただ、一流選手ではあるが、主砲と言えるのかは怪しい。しかし、阪神では十分戦力になるので、主軸を任されるであろう。気になるのは、糸井がすぐに劣化するのではないかという心配。年齢が年齢だけにすぐ離脱ということでは困ってしまう。糸井の加入で変わることはあるけれど、優勝できるかどうか。DeNAも育成が上手くいっており、巨人は補強、広島は戦力があまり低下していなく、若手に主力が多いことなど手強いチームがほとんど。戦力的には多少劣ってはいるが金本監督の手腕に期待したい所。星野監督のようなキャラクターがないだけに、少し影が薄い金本監督であるが、何とか頑張ってもらいたい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

週刊 ベースボール 2017年 2/6号 [雑誌]
価格:509円(税込、送料無料) (2017/1/31時点)


posted by infosan5 at 00:00| Comment(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする