日本の陽気なNブログ

楽しい日本をさわやかに
 

2017年01月31日

楽天嶋のBクラス主将返上発言ー「優勝したい」ー2013年以来の優勝



楽天の嶋は2013年以来、優勝を経験していない。尋常じゃないぐらい悔しい想いをしている。2013年は田中将大がいたからこその優勝と言われているけれど、それは確か。24勝で24の貯金をもたらした投手がいたからこそ優勝ができたわけで、決してチームとして成熟したわけではない。ある意味で仕方のない結果ではあるけれど、楽天としてのチーム事情的に、貯金が20できるぐらいの投手がいないと中々勝つのは厳しい。ソフトバンクの戦力や日ハムの試合巧者・育成巧者などの特徴がいまだにないわけで、そう易々と優勝できるほどプロ野球界は甘くはないということ。嶋がいくら頑張っても、優勝は水物であり、楽天としては運の要素に左右されるほかないというのが現状。

2009年の2位は野村克也監督の辞められるということで楽天に風が吹いた。2013年は田中将大が裏ローテにまわり、勝ち星を積み重ねることができ、さらに外国人助っ人が当たったから優勝した。まだまだチーム力としては不安定であり、勝つのは難しい。2013年以降、ずっとBクラスなのはチーム力がいまだ育っていないことを実感させてくれる。嶋も優勝したいはずだけど、それでも遠い。補強が当たるか当たらないか。90年代のヤクルトのようだが、楽天もノムさんが監督をしたことでその血脈が引き継がれているのかもしれない。ただ、このままで突出した戦力がでない限り、勝つことは非常に難しい。

日ハムは大谷というキーパーソンがいますから、大谷を軸として戦っていける。しかし、楽天には茂木という期待の★が出てきたのですがまだまだ成長過程。要は軸がない。軸がないから勝てないというわけ。田中、AJ、マギーという軸に則本、銀次、枡田が期待以上の活躍し、そのまわりの選手がさらに相乗効果で活躍していく。軸があるからこそ戦えたのが2013年の奇跡の年だったというわけです。昔の話をしてもどうしようもないですけど、軸がない楽天では優勝は現状苦しい。大きな軸ではなくて、小さな軸を組み合わせて勝つしかないのが現状の楽天と言える。今年の優勝は岸の加入で期待度は増したが、それでも優勝するにはピースが足りないのは確実である。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

楽天イーグルス MyHEROタオル2016嶋基宏#37
価格:1000円(税込、送料別) (2017/1/31時点)



posted by infosan5 at 22:12| Comment(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。