日本の陽気なNブログ

楽しい日本をさわやかに
 

カテゴリー:プロ野球

2017年11月03日

藤浪が阪神のエースになるためにどうすればいい?

はじめに

阪神の藤浪が不調です。
阪神のエースとして期待され、順調に成長していたのですが。
知人の阪神ファンも嘆いていて、
なぜ成長が止まってしまったのか?

色んな記事から推察して、
これからの藤浪の成長を期待しながら
阪神の今後を含めて考えていきます。

落合氏が語る復活の鍵

現状から逃げずに先発を

二軍に行かせたのはダメだった。
コントロールが悪いからこそ実戦で鍛え上げる。
日本だとエースクラスが二軍に行くと
成長が止まったり、能力が落ちたりするので、
一軍で頑張って乗り越えるべきだった。

ファンや球団が色々と言ってしまうことで、
藤浪を潰してしまった感があります。

ただ、デットボールが多いのは事実なので、
バッターのことを考えると、一軍で投げてもリスクがある。
制球が悪いだけならいいですけど、抜けてしまって
打者に当たる可能性があるので、中々に難しい。

みんなで藤浪をやっつけすぎ

ファンもたくさん言いすぎたとは思います。
藤浪だって人間ですから、傷ついたはず。
長期間ヤジを飛ばされたら、心を病んでしまって、
プレーにも影響がでてしまいます。

それでも、デッドボールが多い投手なので、
ぶつけて怪我をさせるリスクがある。
能力以前に、選手を潰す危険性があるので、
ファンも球団も色々と言いすぎたんでしょう。

落合氏は藤浪に対して、
一番打席に立ちたくない投手と言っているので、
打者からしたら本当に怖い存在。

デットボールがあるかもしれないと思わせるだけ
ならいいのですけど、実際に当ててしまいますからね。
ぶつける球技ではないので、そこは注意しないと。

金本監督との対談がターニングポイントに?

新球マスター指令

藤浪がこの先生き残るには、
新しい球種の獲得が必須でしょう。
落ちるボールが弱いので、
フォークをマスターするのが良いと思います。

もちろん、球種だけではなくて、ストレートの精度を上げるとか
筋肉をつけてスピードを上げるのもベターです。
金本監督もそれを分かっていて、
新しい球種をマスターするように話したそうです。

プロで生き残っていくためには、
常に新しい自分を作っていかないとダメなので、
上手く工夫して、急成長してほしいものです。

フィーリング(感覚)だけでやってきたところがある

自覚があるのは良いことです。
天才は感覚でできますけど、壁にぶち当たったら、
感覚を技術に変化させないと。

なぜ、打たれるのか?
なんで、コントロールが悪いのか?を
考えて練習することで、結果はついてくるはず。

プロ3年目ぐらいまでは、感覚でプレーしながら
引き出しを増やすので良いと思いますが、
藤浪に求められているレベルは遥かに高い。

超一流になるには、根拠を明確にして、
感覚と思考を融合させながら投げないと、
近いうちに一線から引くことになります。

ライバルと言われていた大谷が成長して、
メジャーに挑戦すると言われている今、
藤浪がさらに成長するには、考えて野球することが
一番良いと思います。

最後に

藤浪が阪神のエースになるには、
感覚ではなくて、考えながら野球をすること、
野村克也氏もダルビッシュも同じようなことを言っていました。

ファンの期待が高い分、今年の結果は最悪でした。
球団やファンに潰される可能性もありましたけど、
何とかまだ巻き返すことはできます。

まだ、20代前半なので、伸びしろはまだまだある。
チーム内に尊敬できるエースクラスの投手がいれば
何かとアドバイスを貰えることができるんでしょうけど、
藤浪にアドバイスするだけの余裕があるかどうか。
能見と相性は良いとは思うんですけどね。

posted by infosan5 at 13:16| Comment(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日ハム清宮幸太郎のために球団が完全バックアップ!栗山監督の思惑とは?

最初に

日本ハムが交渉権を得て、
連日話題の清宮幸太郎選手。
日ハムの栗山監督も乗り気で、
どんどん話題性が高くなってる。

全国的に知名度が高い選手なのは分かっていましたけど、
スポーツのトップニュースになるほどの話題性があるとは。

大谷に続き、清宮というスーパースターを
手に入れた日ハム。
今度は一体どんな野球を見せてくれるのか。

清宮のためにキャンプ地に1億トレ施設

沖縄でトレーニング施設の新設を約束

一人の選手のために施設を新しくする、
というわけではないようです。

清宮のためにトレーニング施設を新設というよりも、
清宮が来る経済効果を見越して、先行投資が正解。
キャンプ地の村長が約束したそうですけど、
大谷という前例があるから、
今回も清宮フィーバーを狙ってる。

フィーバーで清宮以外の新人が萎縮しないか心配。
でも、スポットライトは清宮だけなので、逆に集中できるはず。
まだ若い選手ばかりなので、気になる所ではあります。

総工費は「1億円を超える」

施設を広くして、利便性を高くする。
二軍キャンプ地なのですが、
清宮フィーバーを利用して一気に改良する。

来年は一軍のキャンプ地の名護球場が改修中というのもあって、
濡れ手に泡状態。清宮というスターが来るだけで全然違います。
経済効果を上げて、観客を増やすという作戦。
楽天・田中、日ハム・大谷を思い出します。

その大谷もメジャー挑戦が濃厚なようなので、
清宮と入れ替わりで日ハムを離れる可能性が大。
大谷翔平というビッグネームの代わりに
清宮幸太郎というスターが来る。
日ハムに運命的なものを感じてしまう。

日本ハムの栗山英樹監督の想い

「大谷ルール」を適用する

選手の報告の義務化ですね。
スターだけに、報告がないと何をしているか分かりませんから。
規律に厳しいイメージがある日ハムなんですけど、
大谷ルールはドラ1には適用されるみたい。

球団の顔になる可能性が高い選手には、
ルールを厳格化して、社会のルールを叩き込むのは
球団のイメージアップとしても上手い手法だと思いました。

ちょっとしたことで、取り沙汰されますし、
日ハムのイメージダウンになることもあります。
だからこそ、新人で特に高卒の未成年に対しては
厳しい態度でのぞむのが基本だと思います。

誰と(遊びに)行くか確認するよ!

栗山監督の親心でしょう。
親代わりとも言えるので、
きっちり把握しないと。
ドラ1だからと言って甘やかしていると、
プレーにも影響しますからね。

付き合っている人物で、本人の評価が上下するのは
よくあることだと思いますし、
球団の顔になる選手なら尚更注意を払わないと。

栗山監督って熱血漢な反面、
データ野球にも精通しているのですが、
選手を名前で読んだりとフレンドリーな側面もあります。

去年の優勝も現有戦力で勝ち残る術を駆使した結果で、
何だかんだ言っても栗山監督は有能です。

入団前に清宮が開幕スタメン?

レギュラーの椅子は空いている

今年の日ハムは5位を振るわなかったので、
レギュラーの一斉入れ替えが起こっても不思議ではないです。
栗山監督も選手の競争心を煽る目的で発言していると思います。

巻き返しを狙うために、レギュラー入れ替えを
匂わせる発言をするのはよくあることですけど、
やり手の栗山監督が言うと、プレッシャーを感じます。

プロ野球は結果、つまり順位がすべて。
年俸にも直接関わりますし、
チームのモチベーション、士気にも影響してしまう。

だから、栗山監督は期待の清宮をスタメンと言うことで、
選手の競争心や嫉妬心を煽って、
チーム力を高めようとしていると感じました。
 

大谷・中田が移籍の可能性も?

ただ、栗山監督の発言の裏には
主力選手が一気に離脱する可能性があります。

大谷はメジャー挑戦が濃厚で、ニュースにもなりました。
元々、高校卒業即メジャー挑戦と呼ばれていただけに、
大谷本人からしたら待ちに待ったチャレンジ。

主軸の中田はFAで他球団に移籍する可能性があります。
日ハムと移籍話で揉めているとか噂で見ますけど、
選手の権利ですからね。
中田は主力であることに変わりないので、
チームからしたらかなり痛い。

清宮には早く主軸になってほしいけど、
その前にチーム力アップを課題として挙げている。
だからこその栗山監督の発言なんでしょう。


最後に

日ハムは選手に対する愛が高いように思います。
栗山監督の影響がほとんどなんですけど。
清宮が成長した2年後あたりが
日ハムが優勝するシーズンになるかもしれません。

大谷の次の世代として、清宮にかかる期待は大きいです。
その期待に答えられる才能はあると思いますけど、
実力の世界のプロ野球で結果が出るかどうか。
清宮の成長は日ハムにかかっています。


posted by infosan5 at 01:36| Comment(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

阪神の糸井 同僚に挨拶もどうなるか今年の阪神

今年の阪神はどうなるんだろう。知り合いの阪神ファンが疑問を投げかけてきた。金本監督就任以来、まともに強くなった実感がないのが事実。高山ぐらいしかポジティブな話題がなく、どうしたものかとこまっていた。阪神ファンはどことなく怒っているようではあるんだけど、その発散の方法が分からなくて困っている感じではある。しかし、セ・リーグは去年の広島の優勝もあるが、ライバルである巨人が情けないのが一因ではあるのではないか。両方とも強い時代があり、阪神としては金本監督が現役時代の星野監督時代が一番面白かったと思う。現に現役の解説者で阪神特集で登場するのは当時の主力選手のことが多かった。赤星さんや下柳さんが代表例であろう。

糸井が加入したのはプラスではあるが、疑問はどうしても残ってしまう。手当たり次第に補強した巨人に比べて補強したのは糸井一人であるのはどうしたものか。巨人以上に危機的状況であるのは確実であり、藤浪も不調でエースクラスの活躍ができるのか怪しい。打線も活気がなく、だからこそ糸井を獲得したわけであるが、首脳陣は何を考えているのかどうしても疑問に感じてしまう。一体首脳陣の目指す阪神タイガースとはなんであるのか?糸井の獲得で変わってくるのか?選手、ファンよりもビジネス優先の感じがして何か変な感じを受けてしまう。ファンよりもお金が大事なのはわかるが、多少ファンを喜ばせることをしてもいいのではないのであろうか。

糸井は日ハムをトレードで放出され、オリックスである程度の実績を残した。ただ、一流選手ではあるが、主砲と言えるのかは怪しい。しかし、阪神では十分戦力になるので、主軸を任されるであろう。気になるのは、糸井がすぐに劣化するのではないかという心配。年齢が年齢だけにすぐ離脱ということでは困ってしまう。糸井の加入で変わることはあるけれど、優勝できるかどうか。DeNAも育成が上手くいっており、巨人は補強、広島は戦力があまり低下していなく、若手に主力が多いことなど手強いチームがほとんど。戦力的には多少劣ってはいるが金本監督の手腕に期待したい所。星野監督のようなキャラクターがないだけに、少し影が薄い金本監督であるが、何とか頑張ってもらいたい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

週刊 ベースボール 2017年 2/6号 [雑誌]
価格:509円(税込、送料無料) (2017/1/31時点)


posted by infosan5 at 00:00| Comment(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

楽天嶋のBクラス主将返上発言ー「優勝したい」ー2013年以来の優勝



楽天の嶋は2013年以来、優勝を経験していない。尋常じゃないぐらい悔しい想いをしている。2013年は田中将大がいたからこその優勝と言われているけれど、それは確か。24勝で24の貯金をもたらした投手がいたからこそ優勝ができたわけで、決してチームとして成熟したわけではない。ある意味で仕方のない結果ではあるけれど、楽天としてのチーム事情的に、貯金が20できるぐらいの投手がいないと中々勝つのは厳しい。ソフトバンクの戦力や日ハムの試合巧者・育成巧者などの特徴がいまだにないわけで、そう易々と優勝できるほどプロ野球界は甘くはないということ。嶋がいくら頑張っても、優勝は水物であり、楽天としては運の要素に左右されるほかないというのが現状。

2009年の2位は野村克也監督の辞められるということで楽天に風が吹いた。2013年は田中将大が裏ローテにまわり、勝ち星を積み重ねることができ、さらに外国人助っ人が当たったから優勝した。まだまだチーム力としては不安定であり、勝つのは難しい。2013年以降、ずっとBクラスなのはチーム力がいまだ育っていないことを実感させてくれる。嶋も優勝したいはずだけど、それでも遠い。補強が当たるか当たらないか。90年代のヤクルトのようだが、楽天もノムさんが監督をしたことでその血脈が引き継がれているのかもしれない。ただ、このままで突出した戦力がでない限り、勝つことは非常に難しい。

日ハムは大谷というキーパーソンがいますから、大谷を軸として戦っていける。しかし、楽天には茂木という期待の★が出てきたのですがまだまだ成長過程。要は軸がない。軸がないから勝てないというわけ。田中、AJ、マギーという軸に則本、銀次、枡田が期待以上の活躍し、そのまわりの選手がさらに相乗効果で活躍していく。軸があるからこそ戦えたのが2013年の奇跡の年だったというわけです。昔の話をしてもどうしようもないですけど、軸がない楽天では優勝は現状苦しい。大きな軸ではなくて、小さな軸を組み合わせて勝つしかないのが現状の楽天と言える。今年の優勝は岸の加入で期待度は増したが、それでも優勝するにはピースが足りないのは確実である。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

楽天イーグルス MyHEROタオル2016嶋基宏#37
価格:1000円(税込、送料別) (2017/1/31時点)



posted by infosan5 at 22:12| Comment(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

プロ野球関連ニュース⇒大谷二刀流の金田さんの発言、WBCの現状、工藤監督の話とか。



確かに金田さんの言うことにも一理あります。一つに絞った方が、さらに良い結果が出ますから。ただ、日ハムが容認しているのと、大谷がそれが良いと言っているので現状は二刀流のままでしょうね。メジャーに行くことが想定されていますけど、問題は球団が許すかどうか。ただの新人に戻った時に、アメリカの球団の対応が気になります。

WBC公認球は、メジャーリーグで使われているボールと似ているので、毎回日本の投手陣は苦労しています。ただ、実戦になると打者の方が苦しむので先発の後は打者として登録されることが予想される大谷には、バッターとして慣れた方がいいのかなと思います。日本のホームランバッターではかなり打球が飛ばなくなるので注意が必要かと。

早くも開幕投手の発表。ファンは誰か知っていると思いますけど、意外性があったりして。ラミレス監督は何気に理論派なので堅実に選ぶでしょうね。中畑監督へコメントを残したりして結構抜け目無い上に、去年はCSに行ってファイナルまで進めたので今年は俄然優勝を狙っているはず。筒香も成長して四番の地位を不動のものにしているので、結構面白いチームになっています。

小谷コーチのことをよく知っている小宮山さんのコラム。堤GMと同じ年なのは知りませんでした。巨人のことをよく知っている小宮山さんで、小谷コーチの復帰が今年の鍵みたい。投手のアドバイスの引き出しが多くて、よく投手陣のことが分かっている人らしいので、来年の巨人はちょっと怖いです。打者よりも投手を育てた方が勝てる確率は増えますから。

まったくもってその通り。何を一体考えているのかわからないですし、小久保監督の方針も分かっていない。采配は適当に見えますし、批判も多いのも事実。監督経験のない小久保監督は調整力は良いかもしれませんけど、実戦経験のなさが露呈しているので、WBCは不安しかありません。チーム方針がいまだに決まっていないのはどうしたものか。

川崎は本当にすごい。昇格を目指して毎年チャレンジしていますね。川崎の本を読みましたけど、昔からチャレンジ精神があって素晴らしいと思います。憧れのイチローと一緒の舞台で戦えるように毎年研鑽。大人な野球少年って感じでイメージがいいです。家族もバックアップしていて楽しそう。川崎にとっていい人生経験になっているんではないでしょうか。


ドラフト下位でも1億円プレーヤーにはなれる。日本だと年俸1億円は一つのターニングポイントで一流かそうでないかの境界線のイメージがあります。ダルビッシュや田中クラスの活躍はドラ1クラスでないと厳しいですが、ドラ下位でも日本での1億円プレーヤーには十分なれます。どんな場所でも人間性と諦めない精神力がものを言う時代なんだと思います。

去年に優勝を逃したから、球団とファンからの風当たりの強い工藤監督。日ハムが称賛されている中で、今年こそ優勝をと意気込むのはいいことです。正捕手育成と言いますけど、これは四番と同じで才能しかない。打てる捕手なのか守れる捕手なのか。それをきちんと考えないとどっちつかずの捕手しか出来上がりません。

同じ年齢だけど、プロ経験はまったく違うので本来だと萎縮することもあるはず。大谷は優しいですね。タイトルを見た時には、全球団の中での翔平会だと思いましたけど、日ハム内での開催なんですね。同学年で成績や能力に差があるのは仕方ないですが、大谷が先陣を切ってアドバイスしてほしい。ただ、数年したら大谷はいなくなるとは思いますけど……。

先にプロになった松井にライバル意識は良いことだと思います。闘争心がないとプロでは戦えないですから。松井に投げ勝つと言っても、現状抑えなので抑えを目指すのかな?プロに入ってもその闘争心を失わないでほしい。

posted by infosan5 at 13:01| Comment(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする