日本の陽気なNブログ

楽しい日本をさわやかに
 

カテゴリー:プロ野球

2016年12月30日

戦力外後の入来祐作の人生ーDeNAでの用具係からソフトバンクコーチへの転身


入来祐作さんは、若い世代にはDeNAの用具係という印象が強いんじゃないかな。元プロ野球選手でドラ1で巨人に入団しています。様々な球団を渡り歩いたためコーチへの誘いが無かったらしいですが、まさに日本らしいなと思ってしまいました。プロ野球界とはいえ、コネが重要な世界なんだと。

入来さんはDeNAの用具係として、中畑監督にいじられキャラとしてある意味で確固たる地位を確立させていました。キャラが決まっているので、印象深い。DeNAファンだけではなくて、他球団のファンからも愛されていました。とてもドラ1で巨人に入った選手とは思えない愛嬌の良さで全国ニュースでもとり上げられた人。

今はソフトバンクのコーチになったそうですけど、プロ野球選手として活躍した実績がありますから良いコーチとしてチームを支えてくれていると思います。プロの道は厳しいですけど、それぐらい入来さんの戦力外後は厳しい生活だったと聞きました。日本だと数多くの球団に在籍したことが逆にコーチ就任を阻むなんて意外。


確かに、用具係というのは直接選手に野球を教える立場ではないです。まさに用具の専門家なのでコーチのように野球を教える立場ではない。教えたらコーチからクレームがいくので中々に難しい。その中で自分の個性を出すなんてすごい苦労があったんだと感じました。

中畑さんとの相性も良かったことが幸いしました。うなぎ取りでいじってもらっていましたし、毎年キャンプになると話題になった入来さん。何が人生に影響するかわかりませんが、本当に人生は分からない。コーチ転身までは大変でしたが、DeNA時代の苦労が報われた。

意外に、コーチよりも用具係があっていたと思いますけど、ドラ1でプロ野球でも活躍した選手なので実績を後輩達に教えないのはもったいない。工藤監督からの電話でソフトバンクのコーチ就任が決定しましたけど、それまで必死にプロ野球に在籍したいという想いがコーチ就任を手助けしたんでしょう。

塵も積もれば山となるといいますけど、人生ではまさに塵が大事。何でもプライドを捨ててやってみることで人生って開けるように思います。用具係からコーチ転身ですが、中畑監督との相性、工藤監督と知り合いだったとの運の要素もありますけど、何事もやってみることが大事だと思います。



posted by infosan5 at 18:12| Comment(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

陽岱鋼が巨人入り濃厚らしいけど、オリックスや楽天ではダメだったのか?


陽岱鋼の巨人入り

陽岱鋼がまさか巨人に入団するとは思いませんでした。オリックスや楽天に入団した方が活躍できる可能性はありますし、巨人ではバックアップ要因に近い扱いになると思うので、キャリア的にどうなのかなと。巨人に入って使い捨てられる未来が見えるんですけど……。今年の巨人は優勝できなかったから、補強するのは分かるけど、後出しジャンケン感が否めない。

巨人は東京だからいいのか?

やはり首都東京ということだからでしょうか?陽岱鋼も東京の魔力に惹き付けられた?同じチームだった、小笠原を思い出します。奥さんが東京に行きたいとかなんとかで、巨人に決めたとか。最初の数年は良かったですが、落ちると一気に落ちます。巨人は戦力にならないと見ると即2軍行きにするので、中々長期で活躍できる外様は本当に少ない。

外様外様と言いますけど、巨人の中ではそれぐらいの順列はあると思います。もちろん阪神など伝統あるチームは。昔は生え抜きと外様でご飯を食べる場所すら違ったそうなので……。企業の新卒と中途採用の構図に似ていますね。流動性が低い日本ならではの現象。陽岱鋼も同じ道を辿るのでしょうか?
posted by infosan5 at 22:58| Comment(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

ヤンキースの田中将大の先発試合は22勝7敗!でも要求されるレベルは高い

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

2016広島カープ栄光への軌跡
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/9/11時点)





開幕からローテを守っている田中将大。メジャーでは安定した成績が求められるので、1年間ローテーションを守れるというのはすごく大きい。ヤンキースの絶対的なエースとまではいかないものの、安定した成績を残せているのは大事です。チームもプレーオフ進出圏内の3位ですから、これから厳しい戦いが続いていきます。ヤンキースは伝統のあるチームであり、一番求めれるのはシーズン通しての記録よりもプレーオフやワールドシリーズでいかに勝つかということなので、田中はより高いレベルが要求されています。ただ、日本時代から見ると物足りないのは事実。最多タイとなる13勝目ですが、同じ楽天のエースであった岩隈は15勝であり、24連勝の記録を作った田中に期待されるレベルではないです。最低15勝でワールドシリーズ進出。これを目指して田中には頑張ってほしい。7試合は6勝無敗で、防御率も1点台なので期待は持てますけど。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

躍進する広島カープを支える選手たち
価格:1199円(税込、送料無料) (2016/9/11時点)



posted by infosan5 at 00:00| Comment(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

広島優勝には黒田と新井だけじゃない!球団も努力していた

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

2016広島カープ栄光への軌跡
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/9/11時点)




広島の優勝は感動的でした。黒田と新井が抱き合い、共に泣く。生え抜きで去年同じタイミングで広島に戻ってきた二人。二人は同じチームで貢献度も高く、チームに貢献しました。ずっと広島で優勝を経験できなかった二人。一人はメジャー、一人は阪神と違う道に進んだはずなのに、同じチームに帰ってきた。今年優勝を予想した解説者は少なかったです。広島OB以外では小宮山さんぐらいでしたから。それが見事に予想を覆した。若手の成長もあり、そこには黒田と新井の姿が必要だったという声もあります。何事も全力プレー。それが今年の優勝に繋がった一つの要因でしょうね。広島の球団としても努力もあり、市民球場からマツダスタジアムに変わってメジャーのような球場になりました。球団再編で危機感を感じ、そこから再出発した広島。黒田と新井の活躍ももちろんなんですけど、球団としての努力も見逃せない。それが今回の優勝の要因の一つになったんでしょう。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

広島東洋カープグッズ オリジナルTシャツ/広島カープ
価格:2600円(税込、送料別) (2016/9/11時点)



posted by infosan5 at 16:56| Comment(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

日ハム斎藤祐樹が挽回するには結果を出すしかない

名誉挽回にはプロなら結果が出すこと

結局、名誉挽回には結果を出すしかない。そのことは本人が一番自覚していることだろう。
日本ハムの斎藤祐樹が名誉を挽回するには結果を出すしかない。確かにその通り。プロは結果がすべてですから。どんな人間性の人でも実力さえ出せばみんな黙ります。人間性よりも結果。それがプロの世界。特に海外だと顕著ですけど、日本のプロ野球でも同じこと。斎藤も結果を出すしか、まわりを黙らせる方法はないわけです。
ただ、僕としては結果を出すには苦しいと思います。斎藤は才能はあるとは思いますが、もう20代後半になります。伸びしろはほとんどない可能性が高い。若い頃に突出した成績を出していないと、30代になることにエースクラスになることはないですから。
後輩の大谷に、二刀流の大谷にさえ勝てない投球術。決め球がなく、勝負時に抑えられないので勝つのは非常に難しい。応援していても結果は出ないわけで、斎藤は自分で変わるしかないのが勝負の世界。斎藤には頑張ってほしいけど、努力+運をフル活用しないと、これから先に結果を出すのは辛いかなと。

posted by infosan5 at 00:00| Comment(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする