日本の陽気なNブログ

楽しい日本をさわやかに
 

カテゴリー:高校野球

2017年08月15日

【高校野球】甲子園でホームラン数が多くなったわけとは?

甲子園で熱戦が続いている高校野球。2017年はホームラン数が増えているそうです。1試合に1本以上は飛び出している状況で、大会記録の60本塁打を上回る可能性が出てきました。なぜホームランが多くなっているのか気になります。金属バットを使うのが基本なので、芯に当たらなくても長打になります。投手にとっては不利ですけど、高校野球の醍醐味ではあります。

ホームランが多いのは、フルスイングをする打者が増えたから。プロ野球でもソフトバンクや広島でフルスイングをしている選手が多くいますが、高校野球でも全力スイングが増えてきています。特に下位打線でも、バットを振っています。これまでの常識だと3〜5番ぐらいまでが得点源であり、クリーンアップがフルスイングをしてきました。今年は少し異質であり、高校野球が変わってきている印象があります。

私としては、フルスイングをするのには賛成ですが、勝利至上主義の高校だと実践は少し難しいと思います。
元々打撃のあるバッターを並べることができればいいですが、全員打力があるチームというのは少ないわけなんで。一回勝負なので、バントなどの小技を絡めた戦術が基本です。勝ち残るのを抜きにしたら、フルスイングは見栄えが良く、長打で得点しやすいので賛成ですが、優勝を狙っているチームだと確実性に欠けるので、せめて下位打線はチームバッティングをしてほしい。

長打は確かに魅力ですけど、優勝を狙っているチームだと全員がすると勝てる可能性が小さくなってしまう。1回戦や2回戦を勝ち抜く戦術としてはありだとは思います。フルスイングは観客したらカッコ良くて、長打も見栄えもあって嬉しいですが、戦うチームとしてはリスクがあります。全員が全員フルスイングを心がけて、野球をするのはいいですけど、『勝つこと』・『勝利』を目指すなら、チームバッティングも入れて戦った方がいいと思います。単純にボールやバットの質が変わっているという可能性もありますけどね。


posted by infosan5 at 23:10| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

清宮が大学進学?ー最後の夏が終わった清宮幸太郎に名スカウトは大学を薦めると話す






清宮幸太郎選手の夏が終わりました。高校3年の夏は甲子園で活躍することはなかったです。マスコミは落胆していると思いますけど、高校野球は実力勝負。負けても勝っても恨みっこなし。ただ、高野連としては興行として甲子園の大会があるので、気分は複雑でしょう。

高野連としては、清宮選手が甲子園で活躍することによって、観客が増加する旨みがありましたけど、まさかの敗退。マスコミが連日注目していましたけど、今年の夏に甲子園で見ることはありません。

マスコミからしたら、視聴率が取れなくなるのでガッカリしたでしょうね。父親が有名人であり、野球の実力も申し分ないですから、『甲子園の怪物』として祭り上げたい!という想いがあったんでしょう。ネットではマスコミざまーみろみたいな意見もあって、過剰な清宮報道に辟易していた反動が出てきたみたいです。

その清宮選手について、ヤクルトのスカウトして古田敦也さんなどを獲得した片岡さんがコメントしています。野手としては、評価が高く、松井さん・清原さんクラスに負けないパワーを持っているとのこと。ただ、金属バットなんで、プロに入って苦しむ可能性はあります。

片岡さんが一番懸念しているのが、『守備』。エラーがあり、それが敗戦につながりました。プロに入る選手は、基本的に守備が上手い。バッティングも大事ですけど、今のプロ野球は守備も上手くないとレギュラーになれません。バッティング重視の球団もありますけど、最低限の守備力は必要。

私は清宮選手には将来性はあると思いますけど、マスコミが騒ぎすぎで清宮選手が可哀想。もっと冷静になって評価してほしい。視聴率優先な世の中なので仕方ないとはいえ、野球の実力をきちんと報道してもらいたい。
posted by infosan5 at 23:44| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

PL学園野球部が廃部になった理由を考えてみた

PL学園の野球部廃部が決定的になり、最後の夏をかけた野球部員に挑戦は終わりました。長い歴史があり数多くのプロ野球選手を排出してきた名門中の名門校。その終わりはこんなに早く訪れるとは思いませんでした。原因も色々ありますけど、現時点ではPL学園を経営しているPL教団自体の信者が減り、そのために少しでもPL学園にかかる費用を削っているという見方が大半なようです。

さらに、部員による暴力事件が連続して起こったことによって、世間の評判が悪くなり、信用度が低下したことで信者が減ってしまったということもあるでしょうから、結局の所、昔のような軍隊のような練習法や規則は時代送れということです。

大阪桐蔭も裏金事件などがあったようですけど、先輩・後輩の垣根がなくて上下関係があまりない高校も出てきているようで、今は体罰が決定的にダメな時代ですから、軍隊的な練習をしている高校は世間から排除されてしまう。表沙汰になっていない場合もあると思いますけど、なるべく健全な高校が甲子園に出場してほしいなと思います。

PL学園高校野球部
価格:1500円(税込、送料無料)


posted by infosan5 at 12:58| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

清宮のホームランなど!高校野球について語っているニュース!


清宮すごいですね。さすがは長距離打者。高校1年なので、この成績とは。大きなフォームとは思いますが、合っているんでしょうね。80本は言いすぎなんで、割と実現可能かな?という期待をさせてくれる、そんな選手。

高校生には珍しい図々しさなですが、心配なのはこれからですね。1、2年生のうちはいいですが、3年になったから調子に乗るのが怖い。早稲田実業の教育方針で、高校球児らしい選手になればなあと。

高卒ルーキーは期待大?


いい記事だと思います。プロ野球界にとっては良い効果になっていますから。1年の清宮はともかく、オコエは3年なので、プロ注目の選手となっていますよ。思うんですけど、こういう才能のある選手は即プロに言った方がいいです。

能力があるのに大学に行ってしまうと、日ハムの斎藤のようになってしまいますから。才能が開花する時期が遅れて、20代後半でやっと通用するようになるということに。本当なら20代前半で開花するはずだったのにと。大卒でも良い選手は多いですが、高校時代は無名の選手が数多いんです。

高校時代の悔しさから、大学でレベルアップしたからこそ、即戦力に。高卒は高校でも一流なんですから、プロに行ったらいい。大学に行くよりもハイレベルな教育を受けることができますからね。日本の場合は、高卒生え抜きルーキー選手こそ、4番やエースという想いがあります。

松井秀、ダルビッシュ、田中将大と時代の超一流選手は、みんな高卒。大卒も同じぐらいの選手ももちろんいますが、人気の面では、高卒ルーキーの方が高い。そういう意味で、高卒ルーキーというのは、すごい期待度が高いんです。

トーナメントは一回勝負!


これはトーナメントの怖さなんですよ。去年甲子園で優勝しても、選抜に出れない。夏の地方大会も同じですが、一回限りの勝負は何が起こるかわかりません。エラー一つ、ヒット一つ、四球一つで試合が変わります。ペナントだと、長期勝負なので戦力が高い方が結果的に勝ちますが、一回限りの勝負はちょっとの差で変わってきます。

いかに戦力が充実していても、その日のオーダー、選手の調子、天候なので試合の結果が変わるのが野球。それが醍醐味でもあるんですが、ある意味で理不尽な勝負です。短期決戦はプロでもどんでん返しがありますが、高校野球ではそれが顕著に出てきます。

大阪では、今年は大阪桐蔭が出場できませんでしたし勝負の世界は厳しい。それでも毎年挑戦するのは、そこに青春が集約されているからであって、決してお金でない所には好感が持てますが、選手からしたら地獄。そう思うと、高校野球で経験したことって、社会になっても通用する、そんな世界なんですよ。


posted by infosan5 at 13:40| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

大阪桐蔭と履正社の実質の決勝戦!大阪はシード制を採用してもいいのでは?

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
19日に舞洲ベースボールスタジアム(大阪市)で行われた第97回全国高校野球選手権大阪大会の2回戦で、昨夏の全国大会優勝の大阪桐蔭が強豪の履正社との大会初戦を5−…

大阪の実質の決勝戦。
大阪では名の知れた2校の対決。
まさか一回戦から実現するとは思っていませんでした。
今日の一回戦は満員御礼で、ほとんどないことだったようです。

■シード校は大阪にはないの?
大阪にはシード校は存在しません。
実質、運だけで対戦カードが決まるからこそ、今回の対戦が実現しました。
愛知などではシード制は採用されていますが、大阪では全校で平等の権利ということで採用していません。
私としては採用してもいいと思います。やっぱり、決勝クラスの試合は決勝というカードで見たい。
平等といいますが、裏を返せば運だけで勝ち抜くことも可能になってくるので、スポーツとしてはどうなの?と思います。

■桐蔭OBも観戦?
桐蔭の大舞台とも言える対戦なので、プロ野球選手の桐蔭OBも観戦に来たようです。
今年は西武の森、浅村、中村、それに阪神の藤浪が特別席で観戦。
滅多にないことなんですが、西武はオリックス、阪神は甲子園で巨人との試合だからこそ駆けつけられたのでしょう。
プロのレギュラーとはいえ、チーム帯同が基本なので、無理はできない。
今回は奇跡的に時間と場所があったからこそ、プロ野球選手が観戦に来れたんですね。


■やはり決勝戦でみたい
やはりこの戦いは決勝戦で見たかった。
レベルが高い2校ですし、少なくとも準々決勝あたりまでは対戦してほしくなかったですね。
初戦ということで、固くなってしまって両校とも本来の力は出し切れなかったはず。
両校とも順当に勝利できる戦力なので、もっと上で見たかった。

大阪は今回のことを踏まえてシード制について議論してくれるかもしれません。
実力のある2校の対戦は、もっと上で見たいのいうのは私の本音。
出場枠も2校にして、大阪の強豪校を甲子園でもっと見れるようにするのはいいじゃないかと。
ただでさえ、大阪は出場校が多くて、1校というのはあまりに狭き門になっていますからね。

posted by infosan5 at 00:52| Comment(0) | 高校野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする