日本の陽気なNブログ

楽しい日本をさわやかに
 

2016年08月14日

リオ・オリンピックでのテニスの錦織がマレー戦後に語ったこととは?

錦織敗北でマレーが決勝戦に

テニス男子シングル準決勝で、世界ランク7位の錦織圭(26)=日清食品=は、ロンドン五輪金メダリストで同2位のアンディ・マリー(29)=英国=に1−6、4−6のセットカウント0−2で敗れ3位決定戦へ回った。
あっさりと負けてしまった錦織。期待していましたが、世界の壁は大きかった。マレーは世界ランク二位であり、前回の五輪の金メダリスト。勝てる可能性はあったにせよ、普段とは比べ物にならない強さを発揮したマレー。世界ランカーは大きな大会で力が発揮しやすいという特徴があります。全体的に錦織は終始圧倒されていて、良い所がなかった。厳しいようですけど、世界トップクラスではありますが、大きな大会ではミスが目立ちます。頑張っているのですが、4大大会などで優勝した経験がないために、オリンピックでも力を発揮しきれなかった印象があります。

サーブが肝でマレーのリターンに破れた

「多少は(疲れが)ありますけど、もうちょっとサーブの確率だったり精度が増してこないと、特にこういうリターンがうまい選手には徐々にプレッシャーをかけられてしまうので。あしたまでにはサーブを修正したい」
仕方がないとは言え、サーブの精度が良くなかった。ブレイクされてしまった時には、ダメかと思いましたし、マレーはリターンが上手い選手なので、サーブで圧倒しないと勝つのは難しい。相手も気合が入って連覇しようと乗りに乗っていますから勝つのは至難のわざ。だからこそしっかりとサーブを入れて圧倒しないといけなかった。錦織は中盤当たりからミスを連発していて、どこか集中力を欠いていました。連戦の疲れがあると思います。連戦だと体格で劣る錦織は不利になりますね。疲れが中々取れないですから。しかも、マレーは金メダリストなので試合巧者ですし、疲れの取り方も知っているだけに錦織にチャンスは無かった。合ったとしても、現時点の錦織の集中力では厳しかった。

まざまざと見せつけられたマレーとの差

「落胆は大きい。ショックももちろんある。まだまだ2セットでこんな簡単にやられてしまうんだなというのはすごく心に響くので、なるべく今週は忘れて、気持ちを切り替えてあしたプレーしたい」
錦織にとってショックなのはもちろん、ストレートで負けたというのは落胆以上に精神的にダメージが大きいと思います。大きな大会でのトップクラスの強さは折り紙付き。錦織もジョコビッチが敗退して行けると思っていた部分はあると思いますけど、ジョコビッチ、マレーとトップ2にはほとんど勝てていません。その現状を思い知らされた今回の五輪。3位決定戦はナダルとまたもや錦織と相性の悪い選手が相手。錦織の精神的なダメージはどんなに努力しても勝てないということに起因しているのかもしれません。圧倒的な差を見せつけられた錦織。頑張ってほしいですけど、ここまでの差を見せつけられると見ている側もダメージを受けてしまいました。錦織に圧倒的な武器があればと言わざるを得ないです。
posted by infosan5 at 06:55| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

日ハム大谷翔平の二刀流は納得するしかない

僕は大谷翔平選手の二刀流は納得するしかないと決めている。成績を残しているので文句の言いようがない。球界のOBは二刀流に反対だったのが、今では賛成が多数になっている。僕は大谷翔平の感覚に懸けてみたい。

なぜ懸けてみる気になったかというと、打撃も投球も一流だからである。ホームランも自己最高を7月の段階で更新し、初回の失点がなければほとんど点を取ることができないピッチング。さすがに認めざるを得ないだろう。二刀流の成績としては、ベイ・ブルースの二桁勝利、二桁ホームランが最低条件だが、現時点で8勝(8/7時点)なのでクリアはするだろうと考えている。

では、全面的に認めるのか?認めるわけにはまだいかない。いくら二桁勝利、二桁本塁打を達成しても、専業打者なら30ホームラン、専業投手なら20勝できる可能性があるからだ。投手として出場した試合は打席に疲れを残るであろうし、打者の疲れから投手として登板間隔を空ける必要がある。中途半端に出場しないといけないから、投手としても打者としても完全に力を発揮できない状況が続いている。

だから、僕は打者大谷、投手大谷には賛成だが、数年後には専業にしてほしい。折角、一流が超一流になれるチャンスを棒に振っている。ただ、大谷の可能性は大きく超一流になれる二刀流になれるかもしれない。それはメジャーに挑戦する時期にわかることだと僕は思う。


posted by infosan5 at 22:44| Comment(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月31日

大谷の13号ホームランは自己最多更新の記録 二刀流はどうするのか?


大谷が13号で最多更新というニュース。確かにすごいが、二刀流していた影響もあって、出場機会が減ったために記録更新が遅くなりました。大谷ほどの才能があるのならば、記録更新なんて簡単。しかし、投手との兼業なので打者にも100%集中できないというジレンマがあります。本格的に二刀流にするのならば結果を出すしかありません。メジャー挑戦を目指しているのは結構なんですけど、打者か投手かに集中しないとメジャーで適応できなくなります。僕は専業するべきですけど、日ハムのビジネスを考えると試合にはなるべく出したい気持ちは分かります。観客動員数も増えますしグッズも売れる。でも、大谷の人生を考えるとメジャー挑戦する際に二刀流が足かせになる可能性もあります。早いうちに専念させるべきなんですが、打者としても投手としても結果を出しているだけに本人には言いにくい。日ハムの首脳陣も悩んでいるはずなんですが、本人のために言ってあげるべきです。
posted by infosan5 at 21:55| Comment(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

西武の高橋朋己選手がトミー・ジョン手術を受ける!

西武の高橋朋己選手がトミー・ジョン手術を受けるそうです。ダルビッシュ選手も受けた手術で復帰すれば球速が上がるなどのメリットがありますが、復帰までには最低でも1年掛かるリスクの大きい手術。私は、高橋選手が若いので賛成です。トミー・ジョンは若いうちに手術した方が成功する可能性が高く、高齢になると復帰できても以前のパファーマンスに戻ることはほとんどないでそうです。松坂選手が印象的で、30代になると復帰できたとしても速球のスピードが落ちますし酷使できない体になってしまいます。だからこそ、20代、特に20代前半に手術して、早い復帰を目指した方が選手寿命を長くすることができます。じん帯の再建手術ですが、体の他の部位から代わりを持ってくる手法なので、高齢になると体の老化によって機能性が失われる。結局の所、プロは若いうちになんでもトライしないと引退までの期間が短くなるということです。ヤンキースの田中もトミー・ジョン手術をする可能性があったわけですけど、医者によって手術なしでも現役生活に問題はないとのことで手術を回避しました。メジャーでは頻繁に行われていて、ある意味で過酷な投手の代名詞とも言えます。中4日という過酷登板によって引き起こされているという選手もいたりして、メジャーリーグでも是非が問われている手術。日本でも取り入れる選手が増えていますけど、選手生命が長くなるなら良いと思います。

西武 高橋朋が左肘トミー・ジョン手術、復帰時期は未定 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
posted by infosan5 at 23:29| Comment(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

黒田の200勝は日米通算でもすごい!

広島の黒田博樹選手が日米通算200勝を達成し、広島ファンのみならず野球ファンからも祝福されいる。ただ、日米通算という考え方にはすこし違和感があるのも事実。日米通算とは言わずにプロ野球200勝と言えば良かったのではないか。

この日米通算という表現には、日本とアメリカの野球は他国とは別物という一種の優越感が含まれている。日本とアメリカ以外で通算200勝というのは日本人選手では聞いたことがないし、日本では、日本とアメリカだけが別次元でそれ以外には価値はないという風潮である。それはそれがいい。

今回黒田選手の日米通算というのは、日米はいらない。プロ野球200勝といえば十分であり、何かメジャーの方が上という印象を受けることになる。黒田選手にはそんな気はないと思うが、どうしてもアメリカ至上主義がいまだに日本の中にあるようで少し怖い。全体的なレベルはメジャーの方が上であるが、投手に関しては日本の選手も十分に通用する。だから、投手に限っては、日米で200勝を達成したのなら、プロ野球200勝でもいいのではないかと思う。
posted by infosan5 at 22:10| Comment(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする